ラブレターだよこの紙は

家計を管理する 年末調整 給与・税金

5:【損しないよう手続するための豆知識】スムーズに年末調整してもらうためには

投稿日:2016年11月28日 更新日:

投稿上部にのみ表示

この記事を書いている人

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子
保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP©。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

年末調整って面倒くさい手続きだと思いますか?事務担当としても、面倒くさい手続きです(笑)ですが、自分の税金にかかわる大事な処理を行いますので、面倒くさがらずきちんとやってもらうようにしましょう。

総務や経理・人事などが見える状況だったり、(もしくはそんな人がいない)口で言えば済むことばかりではありません。いちいち聞くのもおっくうだと思うのなら、なおさらスムーズに完了できるようにしておきたいですね。

今日は法律のルールではなくスムーズ&有利に年末調整を行うための、マメ知識をお知らせいたします。
 

 

あなたに興味がない人が、年末調整をします

自分が働く会社の規模・人数はどのくらいでしょうか?
全員話をしたことがあって、顔見知りで、ざっくばらんにプライベートな話ができる人たちばかりでしょうか?

家族経営の会社や、小さい会社ならそれもありかもしれませんが、そんな会社ばかりじゃあないですよね。
ちょっとした規模になれば、仕事は担当ごとに分かれ、ともすれば顔も見たことがない相手が年末調整するのではないでしょうか。

そう、あなたの税金を計算する人は、あなたのことを知らないし、あなたに興味はありません。
あなたの税金が多くとられてしまったって、別に痛くもかゆくもないのです。

良心的な人の場合、去年と違ったら「あれ?去年と違うけど大丈夫ですか?」と聞いてくれるかもしれませんが、基本的に、会ったこともない人に親身になれる人は少ないので、たとえ間違っていても自分が書いたままに処理されてしまいます。

それを、どう防ぐか。

いかに気にかけてもらうか、
間違いを見つけてもらえるか、

それが、

ラブレター

申告書はラブレター!!作戦です。

 

◆こちらのことを正確に知ってもらえるような書き方をする

記入する年末調整の紙たちは、税務署やどこかに出したりはしません。会社に一定期間保管されるだけです。
年末調整するとき計算するために見るだけなのです。

なので、メモを書いても・メモをつけても大丈夫。
ルール通りに正確に記入しようとするよりも、正しい情報が伝わるほうがよっぽど大事なのです。

不安だな、これであってるかなと思った場合は 、遠慮なく付箋などにメモをして出して下さい。
ラブレターのごとく、煮えたぎった(!)思いをぶつけてください

 

◆例えばこんなことを気を付けておきましょう

例えば、来年こどもが生まれる予定なら、一番下の16歳未満の子供を記入する欄に「○月出産予定日」とポストイットでも貼っておきましょう。

これによって税金が安くなったり(お祝いをもらったり・笑)はしませんが、相手の記憶には残りやすくなります。
来年子供が生まれたとき、子供の保険証を手続きしたりするかもしれません。そんな時忘れ去られない布石です。

来春就職が決まる子供を今は扶養に入れているなら、「来春4月就職予定(扶養外れます)」と付箋でアピールしおきましょう。
また、来年は妻が扶養を外れる場合は「2020年は扶養を外れる予定」などと書いておきましょう。

扶養がいるといないで、毎月の税金が変わってきますので、来年の末にエエっ?ってなることを防げます。

配偶者の収入も本来は「所得」を書きますが、(普通の人は計算しない、ってかできない)わからない場合は「給与収入92万円」などポストイットで書いておきましょう。

 

◆間違えてても教えてくれない可能性大

所得税は『申告納税』というルールです。

(国税庁より)
納税者自らが税法を正しく理解し、その税法に従って正しい申告と納税をするという極めて民主的な制度である

本人が書いてきたものが、本人の申告で、会社はそれについて本当に正しいか確認する義務はありません。
だから、書き忘れたらそれでゲームオーバー。

ジ・エンド

会社が丁寧に確認してはくれないのです。

してくれるとしたら、ただの親切です。

 

◆丁寧に書くことで、お互いの勘違いを防ぐ

相手はあなたのことを知りません。
親切に対応して欲しかったら、こちらが先手を打って思いを伝えて、コミュニケーションをとっておきましょう。

もちろん相手があること。
絶対に覚えておいてくれるかどうかはわかりませんが、担当者も人間ですから

「従業員10-112番」より
「来年妻が扶養を外れる"あの人"ね」

のほうが気にかけてくれるに違いありません。

申告書はラブレター。あなたがどんな人か、伝える紙。

そう思えば、読めないほど汚く書いたり、いつまでも渡さなかったり、ちゃんと記入しない、なんてしようとも思いませんよね。

計算してくれるのは、たぶんパソコンです。(手書きだったらなかなかシブいけど)
でも、パソコンに入力してくれるのは、人間です。

ぜひ、気持ちを届けられる書き方をして、スムーズ&損しない年末調整にしてくださいね。

 

まとめ。

あなたに興味がない人が処理する年末調整。
ラブレターのごとく、あなたの状況を知らせて、気にかけてもらいましょう。

特に扶養の「ある」「なし」「途中での変更」に関しては、毎月のお給料計算にかかわるので、できる限り前もって伝えると良いでしょう。

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

お仕事ママのお金の教養力がアップする無料メールレッスン。
家族みんなが笑顔になる「貯まる仕組み」を創り出す7日間レッスンをお届け。その他ママのお金にまつわる話も配信。人気セミナーの受付開始も優先してお知らせします。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-家計を管理する, 年末調整, 給与・税金
-

Copyright© ママスマ・マネー , 2019 All Rights Reserved.