給料明細と電卓

働くこと 入るお金 家計を管理する

保険料を安くしたいなら、まず「給与明細」をチェック!

投稿日:2016年10月11日 更新日:

この記事を書いた人

ママスママネー 塚越菜々子

塚越 菜々子
ママスマ・マネー

保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP®。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

夫の転勤による定期の立替&清算で10万越えのお金が行ったり来たりしています。
今月のお給料明細を見るのがドキドキです。

給料明細は毎月必ず確認!

社会保険に加入していると多くの会社は9月に社会保険料が変わります。
手取り額が変わっているならその影響かもしれません。
給料明細と電卓

もしかしてみていない?自分のことなのに!?

と言いたいところですが多くの方にとって、給料=振り込まれた手取り額になっている感は否めません。

税金や社会保険料のお話をしようとすると、

「どうせ払わなければならないものだから」
「自分でどうにかできるものではないから」

と一刀両断されてしまうことが良くあります。

確かに、決められた負担です。

お給料をもらって働く方が自分でどうにかできる部分は少ないです。

では知らなくていいのか・どうでもいいのかといわれれば、決してそんなことはありません。

一言に社会保険料と言っても、

  • 健康保険
  • 介護保険
  • 雇用保険
  • 厚生年金

に分かれていて「保険をかけている」のです。

お給料から天引きで保険を払っていると考えると?

払っているからには受けられる保障があります。
それを無視して、自分で生命保険に加入したら無駄な二重払いになりかねません。

社会保険は国の保険です。
とてもとても手厚く頼れる制度なのです。

それをよく考えず、あたかも関係ないものかのように、自分で勝手に備えたらもったいないと思いませんか?

社会保険労務士でもFPでもないのですから、細かいルールなど知らなくてもいいのです。

ですが、社会保険は社会のルール。自分が社会に参加する以上知ってお金ければいけないものです。
自分が払っている「自分のお金」の仕組みはきちんと考えなくてはいけませんよね。

ナナコ
さあ、給料明細をチェック!

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

お仕事ママのお金の教養力がアップする無料メールレッスン。
家族みんなが笑顔になる「貯まる仕組み」を創り出す7日間レッスンをお届け。その他ママのお金にまつわる話も配信。人気セミナーの受付開始も優先してお知らせします。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-働くこと, 入るお金, 家計を管理する
-, ,

Copyright© ママスマ・マネー , 2019 All Rights Reserved.