゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

【必要な時問い合わせできますか?】あなたが加入している健康保険は?

日本人は全員なんらかの医療保険に加入しています。

あなたはどんな種類の医療保険に加入していますか?

こんにちは
ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子です。

今日は、日本国民全員が加入している「医療保険」のお話です。

医療保険と言っても、
「明治安田生命」とか
「日本生命」とか
「ひまわり生命」などの
“民間の医療保険”ではありません。

いわゆる「公的な医療保険」のことですね。

日本ではすべての国民が医療保険に入ります

あなたはどこの医療保険に入っていますか?

医療保険の仕組み
(画像:けんぽれん より)
難しく言うと、「保険者は誰?」ですが、
簡単に言うなら「保険証は誰が発行していますか?」
ですね。

え?ご主人の会社?

惜しい!

会社は手続きをしていますが、
運営しているのは会社ではないのですね。

公的な保険について語りだすと、
深いです。夜が明けます(笑

社会保障ジャーナリスト(そんな人いるのか・・・)
ではないので、それはさておき、
自分が加入している保険ぐらいは知っておいてほしいので、
いくつかあげます。

 

日本の公的医療保険

 

◆国民健康保険

1958年にできた制度です。意外に新しいんですよね。
大原則として、基本的に全員これに加入します。
ただし、下に書いた他の保険に加入している人は、除かれます。

この制度ができるまでは、
主に仕事をしている人だけが公的な保険に入れました。

これに入れない農家などの人たちは、無保険だったんです。
保険証を持てなかった。つまり病院にかかることが難しかったんです。
国民健康保険が整ったことで、
国民全員が公的な保険に加入できるようになりました。

お金のない人でも、自分の負担できる範囲で、
命を守る治療を受けることができる社会になったのです。

ムダに病院に行く、
必要でない社会保障費がかかっている、
使われ方が適正でない、
など色々と問題はありますが、
それでも「収入の多い・少ないで命の価値がはかられる」ことはなくなったわけです。
そういう意味では、
弱いものを守ることができる素晴らしい制度だと私は思っています。

ちなみに、
国民健康保険は、
市町村が主宰しているものと
職域国保という、医師・歯科医・薬剤師などの集まりで主宰しているものがあります。

 

◆健康保険

保険証
こちらは、いわゆる「社会保険」と言われるものの中の健康保険です。
会社に勤めていると加入できるものですね。
(※条件によっては入れない場合もあります)
大体が厚生年金とセットで、手続きします。

ほとんどの会社が、
協会けんぽ(全国健康保険協会)を通じて、
地域ごと(●●支部ごと)にまとまって運営されています。
昔は社会保険庁が運営していましたが、
今はこちらに移行しています。
「政府管掌健康保険」などと言ったりします。
協会けんぽに加入している場合は、
どんな会社でもルールは一緒です。

そのほか、自動車業界や建設業界は、
上の協会けんぽに仲間入りせず、
自動車会社などの集まりで「健康保険組合」
というのを作って運営しています。
「組合健保」などと言ったりしますね。
こちらは、協会けんぽとは違うので、
どんな人が扶養には入れるかなどで、
独自ルールが定まっている場合があります。

 

◆共済組合の医療部門

これは国家公務員・地方公務員・私立学校教職員がそれぞれの共済組合に入れます。
協会けんぽや組合健保とはまた違った独自ルールがあったりします。

 

◆船員保険

これはあんまり一般人にはなじみがないですが、
船の会社の人が入れる保険です。
行方不明手当(!?)とか、
下船補償などちょっと特殊な感じはしますね。

 

国民健康保険が基本。他のをやめたら必ずここに入ること

上にも書いた通り、
日本国民は全員公的医療保険に加入します。

自分は病院に行かないからとか、
もったいないとか、
お金がないとか、
そういう理由で入らないなんて言うのはまかり通りません。

会社を辞めて、協会けんぽから抜けたら国民健康保険に加入。
パートで稼いでパパの健康保険の扶養を外れた場合
自分で会社の健康保険に加入できなかったら、国民健康保険に加入。

どこにも入らずブラブラ浮いているということの無いようにしましょう。

 

どこに入っているか知らないと、問い合わせもできない

会社に勤めていると、
大きい会社だったり、気の利く担当者がいれば、
ホイホイ~と何でもやってくれるかもしれませんが、

景気がイマイチなこのご時世。
事務員の質は落ちていることもあります。
無知でも給料計算できてしまうのです。
無知でも労務手続きできてしまうのです。

病気やけがで連続1週間休んだ。
もらえるお金があるかもしれないのに、
放っておいたらもらえません。
申請して始めてもらえるお金はたくさんあります。
知らなかったら申請しようがないですよね。

傷病手当金

あなたのお家がお金をもらいっぱぐれても、
会社の人は困りませんからね。

でも、自分が加入しているところが分かっていれば、
かなり自分で調べることができます。
自分で問い合わせることもできます。

最近はどこの官公庁も、公的機関もHP見やすくなっています。

自分が加入している、健康保険のHP。
一度覗いてみてください。

 

まとめ

日本では、全員が公的な医療保険に加入
【=国民皆保険(こくみんかいほけん)】

お金で命の価値がはかられることの無い素晴らしい制度。

自分の加入している保険制度ぐらいは知っておこう。
身を守る知識を身に着けよう。

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら