配偶者特別控除記入欄

家計を管理する 年末調整 給与・税金

(30年より様式変更)年末調整19:先に右側「配偶者特別控除」っていったい。年収150~201万の人集まれ。

投稿日:2016年12月13日 更新日:

投稿上部にのみ表示

この記事を書いている人

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子
保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP©。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

配偶者特別控除ってどういう意味?

今日はこの特別な「特別」のお話。

こんにちは
賢いママのお金の教養教室
ママスマ・マネープログラム
塚越菜々子です。

前回控除の話をしましたね。

控除=~の分差し引く
ってことでした。

ゆえに、

配偶者控除=配偶者(を養ってる分)引く
ですね。(復習)

じゃあ
配偶者「特別」控除
っていったい!?

特別に控除してくれるのか
特別な配偶者なのか

ギョーカイ入ったときは頭を悩ませたものです。
(日本語って難しい)

さてさて、ここで一度話は戻ります。

 

養われてる人ってどんな人?

握手をする男女の手

覚えてますか?

そう。給与収入だったら103万円以下の人だけですね。
(平成30年より150万円に拡大しました。その代わり夫に所得制限がついています)

それ以上稼いでる人は、養ってることにはならない
のが、税金上のルールです。

だから、1枚目の紙のA控除対象配偶者のところには名前は書けません。

でもさー
150万超えたぐらいじゃさー
暮らせないよ。十分養われてるよ。

って当然思うわけです。

そこであるのが、この、

「配偶者特別控除」という特別ルール

『じゃあ201・6万円までは一部養ってるってコトでいいよ!』

です。

完全に養ってるとは認めないけど、
一部養ってることにしてくれる「特別」ルールです。

そんじゃあ一部ってどれくらい?

それは段階的に決まっています。

150万円から201.6万円に給料が増えるにつれて、
「養ってる度」は減ってくるわけです。

だから、優遇してくれる(控除してくれる)金額は減ってきます。

 

右の早見表のところにちっちゃーーーーく書いてますが。
(年取ってきたら老眼鏡必須ですよ。このサイズ!)

「完全に養ってる場合」は38万円引いてくれます。
(通常の、配偶者控除です)

「まあ。ほぼほぼ養ってるでしょ、な場合」36万引いてくれます。

「ここまで来たら半分養うぐらいでしょ、な場合」21万引いてくれます。

「いやーもう養ってるか怪しいでしょ、な場合」3万だけ引いてくれます。

で、201.6万円まで到達すると、
『いやいや。もう養ってるとはとっても言えないでしょ』
って何にも引いてくれなくなります(=完全に扶養から外れる)

この段階性ルールが「配偶者特別控除」なのです。

 

150万を超えてもすぐはあきらめないで

ハッとする女性

今までのように103万超えたからもうだめだガーン!
って夫の扶養から即はずれるのは時期尚早。

そもそも150万円までは拡大していますし、そのあとも201.6万までは段階式に控除があります。

一部だっていいじゃない!
税金安くしてくれればいいじゃない!
ね!
気を付けてほしいのは、
パパの会社の人は、ママがいくら働いたかなんて興味なしです。

もうだめだ!って思って、扶養のところに名前書かなかったら

「あ、そう」

でおしまい。

でもちょっと150万円を上回っただけなら一部はセーフですよ。

ちゃんと自分で主張してくださいね!

 

このルールが使えない場合もあるよ

なお(超大事!)

この「特別ルールが適用されるのは、配偶者だけ

バイトの息子が103万を超えたら、一発アウトです。
201.6万円までの特別ルールは適用されません。

くれぐれも気を付けて★

 

また、パパの所得が1000万円を超えてる場合は、
この特別ルールは使えません。

年収で言ったらそれこそ1500万円級ですね。
(それくらい稼いでいる人は、こんな特別ルールは使わせないぞ!ってことです)

あ、長くなってきちゃったけど、書き方も説明します。

 

この欄の記入方法

一番上。ここ間違えやすいので注意。

あなたの本年中の合計所得金額の見積額」

ママがパパの扶養に入ろうとしているときは
ここでいう「あなた」はパパです。
ママのことではありませんのでご注意ください。
(パパが自分の所得がわからなくても、パパの会社はわかっているので書かなくても大丈夫です)

そこから下は配偶者(妻)の名前と生年月日。

単身赴任とかでもない限り、その下の住所がどうとか非居住者がどうとかは記入なしで
大丈夫です。

ママに給与所得以外の所得があっても
(起業してたり、不動産の所得があったりしても)
記入することはできますが、
その場合は自分の所得が計算できないといけませんので、気を付けましょう。

実際にいくらの控除が受けられるかは、
その早見表にのっとって埋めていけばわかります。

ママの給料がいくらなのかはっきりしない場合は、
どのようにしたらいいか、パパの会社に確認しましょう。

はっきりしてからでいい
もしくは
自分で確定申告して

などと指示があると思います。

 

まとめ

150万超えてもすぐあきらめるのはまだ早い!
会社の人は気にしてくれないから、
自分で自己主張しよう!

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

お仕事ママのお金の教養力がアップする無料メールレッスン。
家族みんなが笑顔になる「貯まる仕組み」を創り出す7日間レッスンをお届け。その他ママのお金にまつわる話も配信。人気セミナーの受付開始も優先してお知らせします。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-家計を管理する, 年末調整, 給与・税金
-

Copyright© ママスマ・マネー , 2019 All Rights Reserved.