メルマガの匿名「ひとこと」のお返事ページ

こちらの判断で載せるべきでないと判断したものは省略いたします。
個人を特定できる情報(お名前など)はこちらの判断で省略していることもありますのでご了承ください。

確実にお返事が欲しい場合はメルマガに直接ご返信くださいね~!

7/5~いただいた一言

> 07:40 つい見て見ぬ振りをすることもありますが、気にかけているよ…という小さなおせっかいはやはり必要なのかなと思います。直接ではなく第三者のどこに声掛けたらいいのかは悩みますが。
今は田舎生活なので、こちらから発信しない限り助けてもらうことも難しいですけど。

そうですね。日本人はなかなか自分から言いだせない人が多いから、小さなおせっかいがあるとそれがきっかけにできることもあるかもしれません。
困りごとを相談できる第三者の存在を広めたり、知っておくってことがこれからの社会では必要になってくる気がします。

> 07:59 私は訪問看護師をしています。そういったケースにも、いつでも駆けつけて一緒に落ち着ける方法を考えられたらいいなぁと思いました。

訪問介護も大きな支えになりますね。
色々な制度や人の力を借りて、みんなが最後までなるべく希望に沿って暮らせるようになったらいいな、といつも思います。

> 08:46 民生委員さんに相談の件、考えさせられました。いきなり警察ではなかったところに先生の優しさを感じます。たしかに追い詰められてしまうと思います。うちの近所の民生委員さんが誰かも知らないので、知るだけでもしておこう、と思いました。

警察って、正義の味方ではあるけれど、やっぱり訪ねてこられたらドキッとしてしまいますものね。
民生委員さんって私もほぼ関わりがなかったのですが、今回上手に間に挟まっていただき助かりました。連絡先だけでも知っておくと良いかもしれません!

> 09:27 電車の中で涙が出そうに…。いろいろ逡巡してちゃんと言葉になりませんが、出勤前に読めて感謝です。

朝から湿らせてすみません~
でも、色々考えるキッカケになったら幸いです。またぜひ言葉になったら思ったこと教えてくださいね(^^)

 

> 11:54 介護って他人ごとと思ってましたが、今年母が腰の骨を折り、自分に降りかかりました。
認知症ではないけれど、口うるさい母に時々イラっとします。今、母の病院の付き添いに来てます。待ち時間長い~。

そうそう、認知症まで行かなくても、身近な人のケアって大変ですよね。家族だからお互いに甘える部分もあるでしょうし・・・
タイミングは自分で選べないからこそ、普段から考えておかないといけないな~と思っています。
お母さん、お大事になさってくださいね。

 

>> 14:35 あの日の私が慰められた話、うんうんとうなずきながら読ませていただきました。
自分が直接関わるより、第三者、つまり支援が必要な人に必要な支援をつなげるって助けになりますよね。
ななこさんが、まるで、名乗るほどの者ではありませんと言って立ち去るスーパーヒーローのように感じました(笑)
この例えおかしいかな。まあ無視しちゃって下さい。
きっと介護しているおじさまも介護されているご本人もななこさんに救われたと思います。

助けられる価値のある人間というななこさんの一言がとても心に残りました。

私は息子2人が不登校になり、家族だけでは抱えきれず支援センターの先生方や担任に支えられて今は高校生になりました。
だから、ななこさんがあの日の私の体験が出来事は変わらなくても捉え方で変わるという気づきがなんとなくわかる気がします。

ヒーローどころか何もできずに手をこまねいていた感じなんですけどね。笑
でも、もしかしたら地域での助け合いって、そういう「見えないこびとさん」みたいな集まりぐらいがいいのかも、なんて思ったりしました。
直接できる事ばかりじゃなくて、間接的にちょっとだけ・なんとなく助け合う。
いちいち「やってあげる」「してもらう」ほどじゃない支援がたくさん集まって、安心できる社会になるのかもしれないなぁ。

介護に限らず子育てもそうですよね。
どちらが大変というものではないけれど、色々な人に助けられて・いつかそういう人に手を差し伸べて、循環していけばそれでいいんじゃないかと思います。

> 15:05 ご近所さん、誰にも相談できずに苦しんでおられたと思うので、きっとすごく助けられたと思います。

私は特別養護老人ホームで事務をしています。
入所申込受付や電話での相談の対応をしていますが、本当に困っている方がたくさんおられ、どうにか入所させてくださいと頼み込まれることもよくあります。残念ながら入所の定員もあるし入所待ちの方もたくさんおられるので、すぐには入所できません。私には話を聞いてあげることしかできないですが、それで少しでも楽になってもらえればと思い、相手の気の済むまで話を聞くようにしています(自己満足かもしれませんが)。でもこうやって相談に来られる方はまだいいんです。相談できるところがあるから。今回のご近所さんのように、一人で抱え込んでしまい追い詰められている方も多いと思います。私には小学生の娘が2人いますが、2人目が産まれてから誰にも頼れず病んでいた時期がありました。介護や子育て等全てに共通すると思いますが、一人で抱え込まずみんなで見守り、必要な時には助け合える、あたたかい地域になったらいいなと思います。私もそんな一員になりたいです。

ありがとうございます。
特養はやはり入所待ちで困っていらっしゃる方もたくさんいるんでしょうね。
でもそんなときに話を聴いてもらえる・話せる場所があるというのは、想像以上に違うと思います。
人生の内、助けてもらいたい時期はそれほど長いわけでもないから、そんな時は遠慮なく助けてもらって、それ以外の時期でゆっくりと返していけば良いですよね。そんな社会・地域でみんなが暮らせるといいですね。素敵なシェアをありがとうございます(^^)

20:55 今日のお話はとても感動しました。家族だからこそ冷静になれなくて声を荒げてしまうし、一番近い介護者だからこそなのだろうと思います。うるさいとか、ヒステリーとかではなく、そうならざるを得なかった隣人に寄り添えるのは、ご自身が通報された経験があるからですね。
私はいまだに、たまに子供に声を荒げてしまいます。そんな時の夫の、怒鳴るのやめて、とか、子供は悪くない、という冷静な意見が本当に苦痛です。(怒鳴りたくてやってる人なんていない)感情的に怒るのは子供に悪影響だから出て行ってくださいと言われましたが、一番手のかかる年代を仕事やめて専業主婦で過ごし、世話が必要でなくなってきて、1から働き出したところで子供も手放せということか、と思うと、そういう気持ちは言っても理解されないだろうし、そういう発言をすること自体が億劫です。が、新しい仕事に邁進しているので、できればこのままで生きていたいです。離婚とか引っ越しなどは面倒です。この夫と末長く一緒にいるかはわかりませんがそりゃ、仲良しなのが一番ですよね。幸せだし、楽しいし、お金もかからない。そうなれるまで気長に目をつぶっていくしかないですね。ななこ さん、人生相談がたくさんきているでしょうね、すみません。

そうですね。家族だから難しい。介護に限らず子育てもホントそうだと思います。
私もいまだに子どもに声を荒げることはありますよ~笑 人間ですもの。毎日こんなにそばにいて、穏やかばっかりではいられないですよね。

ご夫婦問題もたくさん話を伺いますが、それはこの先どうしたいかによりますものね。気長に目をつぶっていくと決めたなら、それもまたご自身の選択の内なのでよいかと思います。それでは嫌だと思ったときにしか、動かせませんから(^^)

22:20 地域の方との関わりについて。私、今でもひどくキレてしまう時があるので、近隣の人からしたら、虐待してると思われてるんじゃないか。そう思うとろくに近所付き合いが出来なくなってしまいました。
ご近所ママさん達の井戸端会議は私の事では?とか(笑)
ご近所さんがそんな風に心配してくれていることもあるんですね。私はななこさんのような人も居ると知れただけで何となく楽になりました。

民生委員さんに相談て、びっくりしました。
そういう人がいることは知っていましたが、全然身近ではなくて…。
自分の地域の民生委員さんて誰かも知りません(汗)調べます。

あー、きっと私もご近所さんから「あそこのお母さんときどきでっかい声で怒ってるよね~」ぐらいは思われてると思う。笑
でも、子ども育てた経験があるママなら、多分多かれ少なかれ「やってるやってる(ニヤニヤ)」ぐらいなんじゃないの。自分がそうだしw
殆どの人は「元気だねぇ」と思ってるから心配しなくていいと思いますよ(笑)

ぜひ一度民生委員さんも調べてみてください。

> 13:47 先日夫の会社でがん保険加入させられていた謎についての件。今朝のメルマガで早速回答を頂けてとてもとても嬉しかったです!胸のつかえがスーッと消えて、ななこさんに質問して本当に良かったです。節税対策とゆう会社側の都合があるんですね。こんなこと、ネットで検索してもわからなかったし一体誰に聞いたらいいんだろうと思っていたので…お忙しい中、ご丁寧にありがとうございました。ななこさんがいてくれて良かったです!

スッキリ解決できてよかった!
世の中いろんなカラクリがあるよねぇ。

また何か気になることがあったらネタの提供をお待ちしております(笑)

投稿日:2020年4月29日 更新日:

Copyright© ママスマ・マネー , 2021 All Rights Reserved.