゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

【たまらない習慣】車をローンで買うのはやめる

自動車ローンを当たり前に組んでいる家計は、
貯まらない家計です。

こんにちは
ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子です。

ローンすなわち借金。

私は、住宅ローン以外のローンは
使うべきではないと考えています。

カードローンや
クレジットカードの分割やリボも同様です。

自動車が必要かどうかは
住んでいる地域によってかなり開きがあります。

また、車は移動手段という日常的な面のほかに
嗜好品といった面も含んでいます。

そのために、家計の買い物の中では
比較的高価なものになっています。

15年も20年も乗る人は少なく、
9年や11年で乗り換えるとすると、

200万円の車でも
年間にすると18万。
月にすると15,000円の出費です。

家計から15,000円というと
かなりの出費ですね。
さらに車検や税金、駐車場代、ガソリン代も
これに乗ってきます。

自動車と通帳

今どきの車は、軽自動車でも
ちょっとグレードを上げたり、
便利なオプションをつけたら、
あっというまに200万円です。

車は、先に申し上げたように、
嗜好性が高いです。

嗜好性とはつまり、好きでそのお金を
払っているのに、
ローンを組む=借金をする。

これはとても危険なことです。

欲しかったら借金して買っていいのですか?

それはクレジットカード破産する人と、
違いがありますか?

自動車がなければ暮らせない地域なら、
移動するのに最低限の機能でいいはず。

借金してまで買っていいのは
必要なものだけ。

それを大きく超えているのです。

欲しいものなら、お金を貯めて買えばいい。

買わなければならない必要なものなら、
必要十分な機能だけでいい。

長い目で見たら・・・・
便利だから・・・・

予算を上げていいのは、
お金がたまっている人だけです。

 

私も実は、けっこう車が好きです。

子供が生まれるまでは、
夫が所有していた二人乗りの
スポーツカーでを自分で運転して
妊婦検診などに行っていました(笑

ただ、子供が生まれたら、当然
2人乗りの車の出番などありません。

それでも保険も掛けなければいけないし
車検も通します。

一人目が生まれるまでは、
『私たち夫婦のぜいたく品』として
何度もバッテリー上がりをしながらも、
納得して保有しました。

そのかわり、我が家にはテレビはなく
エアコンも一台しかありませんでした

2人目が生まれる時、
夫とひざを突き合わせて話し合いました。

今度生まれる二人目に、
かけてあげたいお金がある。

もうめったに動かさない車を保有するのは
車にとってもかわいそうだし、
私の中では維持するための費用の
優先順位は低くなっている、と。

夫婦の思い出が詰まった大事な車を
手放すために、何度も話し合いました。

そして、手放すことを決めて、
その下取りのお金で、
家族4人で使うのに必要な
5人乗りの車を買いました。

今も元気に走ってくれています。

 

少々話が脱線しましたが、

車は必要な条件以外は、嗜好品。

子供が一人しかいないのに、
8人乗りが必要ですか?
年に数回しか載せない荷物のために
3列目が必要ですか?

「あたりまえ」だと思っている車の費用。

必要だからその装備・条件なのか
なんとなくほしいからなのか、

家族の価値観の優先順位を確認してください。
車にかけるのは、あなたのおうちにとって
価値の高い支出ですか?

どちらにしても、
ないと暮らせないわけではなく、
「ないと不便」な程度だったら、
ローンを組んではいけません。

現金で買えないということが、
どういうことなのか、
よく考えることをお勧めいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら