働くママの家計 働くこと 出ていくお金 メディア掲載

【メディア掲載】新生活の春。辞令によって「単身赴任」か「帯同」を迫られた家庭 決断のポイントとは

投稿日:2018年3月22日 更新日:

投稿上部にのみ表示

この記事を書いている人

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子
保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP©。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

 

我が家の夫は、全国転勤のある仕事をしています。
今のところ転居を伴う事例が出たことはありませんが、やはり異動の季節になるとドキドキしてしまいます。

経済的な問題ももちろんですが、私は「夫のそばで暮らしたい」という想いが強いからです。
ですが、現実問題「私の仕事」「子どもの教育」「祖父母との関係」などを考えると、一家で引っ越すことがいいことなのか考えてしまうこともしばしばあります。

いわゆる”転勤族”と呼ばれるご家族のママから家計の相談を受けることもありますが、「お金だけを優先しないでくださいね」とお伝えしています。

お金はあくまで、幸せに生きるための「ツール」
経済的合理性だけを追い求めて、家族の幸せを置いてけぼりにするのはあまりいいこととは思えません。

ナナコ
単身赴任か帯同か、どんな観点で検討すればいいでしょうか?

 

暮らしとお金を考える『ファイナンシャルフィールド』に掲載されました。

ついて行くか単身赴任してもらうか、考えるときに「お金の問題」は大きくかかわってきます。

この記事では「一人暮らしの費用」「単身赴任の手当て」を調査データからご紹介します。
さらに、各家庭によってどんな違いが出てくるのかも考えました。

 

 

こちらからご覧ください。

 

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

このメールではお仕事ママの「お金の教養力」をアップできる無料メールレッスンを受けられます。
家族みんなが笑顔になれる「貯まる仕組み」を創り出すための7日間のレッスンの他に、ママのお金にまつわる話をお届けしています。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-働くママの家計, 働くこと, 出ていくお金, メディア掲載
-, ,

Copyright© ママスマ・マネー , 2018 All Rights Reserved.