働くママの家計 支出の考え方 出ていくお金 メディア掲載

【メディア掲載】“保険で貯金”に潜む落とし穴 ~ファイナンシャルプランナーへの相談実例~

投稿日:

投稿上部にのみ表示

この記事を書いている人

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子
保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP©。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

『貯金が苦手だから、全部保険にしています』
家計の相談に来る方がよくおっしゃる言葉です。

「貯蓄型の保険」と言われるものがあります。
いわゆる「掛け捨て」ではなく、一定期間払い込んだ後に解約したり満期を迎えることで「貯蓄を兼ねる」ことができるものです。

一定期間は保険として万が一のときの保障として使い、保障として必要なくなったら貯金として取り崩す。
一見合理的なように見えますが、実はこのやり方には危険も含んでいるのです。

ナナコ
『保険で貯金』のどこに問題があるのか考えてみましょう

 

暮らしとお金を考える『ファイナンシャルフィールド』
『Yahoo!News経済総合』2位に掲載されました。

 

とにかく元本割れしたくない。掛け捨てはもったいないと思う。
そんな「よくばり」な気持ちが、思わぬ損を産んでいることがあります。

保険には保険にしかない素晴らしい役目がある一方で、保険は万能ではありません。

「保険料が高くて教育費が貯められない」
「いざというときにすぐ使える現金預金が少ない」
「勧められた保険が高いと思うけれど、いまは我慢の時なのかな」

保険のプロに貯蓄型の保険を勧められれば、それでいいような気がしてしまいます。
ですが、心のどこかで「保険料高い」と引っかかったり、今の生活に我慢ばかりだとしたら、「保険の役割」を勘違いしているのかもしれません。

相談いただいた実例から『保険で貯金に潜む落とし穴』について執筆しました。

こちらからご覧ください。

 

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

このメールではお仕事ママの「お金の教養力」をアップできる無料メールレッスンを受けられます。
家族みんなが笑顔になれる「貯まる仕組み」を創り出すための7日間のレッスンの他に、ママのお金にまつわる話をお届けしています。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-働くママの家計, 支出の考え方, 出ていくお金, メディア掲載
-, ,

Copyright© ママスマ・マネー , 2018 All Rights Reserved.