゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

【デメリットはない?】無料で入れる保険。フリーケアプログラムとは。

タダより高い物はない、って言葉、聞いたことありますか?

今日は、

ダイレクトメールで送られてくる無料の保険にデメリットはないか?

という内容です。

 

上の言葉、
生きてたら一度は聞いたことが
あるのではないでしょうか。

流石にWikipediaにはなかったので、
コトバンク(デジタル大辞泉)より

*********

『ただより高い物はない』

・・・ タダで何かをもらうと、
代わりに物事を頼まれたり
お礼に費用が掛かってかえって高くつくこと

*********

想像したのとほぼ変わらない意味でしたか?

今日は、そんな言葉が頭に浮かぶような、

『クレジットカード会社から送られてくる、無料で入れる保険の落とし穴!』

 

についてのお話です。
名前はカード会社によって違うようですが、
我が家に来たのはこちら。

『●●銀行 フリーケア・プログラム』

フリーケアプログラム

3年間保険料無料で入院保険金を30,000円お受け取りできます。

というような内容ですね。

「無料で保険に入れるんだ~」

「なんかお得そう」

「一見よさそうだけど・・・」

「なんか罠(落とし穴)がありそうでコワイ」

そんな風に思ったことってないですか?

我が家に来たのはそこそこ有名な(?)
地方銀行からですが、
楽天カードとか、セゾンとか、イオンカードとか、
まあそういうカード会社からよく送られてきます。

私のところにもタイムリーに来たので、
きっとみんな一度は思ったことがあるはず。
これは皆さんにもお知らせせねば!

と、私の思いを語ります(笑)

というわけで、私が思う、

フリーケアプログラムの4つの落とし穴!

【落とし穴1】

:保障内容がビミョー

実はこれ、
チューリッヒ保険会社がやっている
「傷害保険」なのですね。

怪しい保険ではなく、普通のシンプルなものです。

傷害保険は一般的に販売されている保険です。

きちんと申込書にも記載されていますが、

「交通事故で」

「5日間入院された場合」

「30,000円もらえる」

という保険です。

交通事故・・・・・
あんまりあってほしいことではないですが、
最近は減少傾向であっても、
発生件数はかなり多いのです。

(参考:平成28年の交通事故負傷者数は約62万人
※交通事故総合分析センターより)

交通事故というと、
車がバーン!
なイメージがあると思いますが、

車以外にも、

バイク
自転車
電車
飛行機
エレベーター・エスカレーター(!)

なども「交通」なのですね。

エスカレーター

ですので、

の改札で転んでけがをした」

エスカレーターから落ちてけがをした」

チャリでコケてけがをした」

のドアで指を挟んでけがをした」

なども『交通事故』なのです。

面白いですよね^^(え?そうでもない?)

 

話を戻しまして、
そんな風に考えると、
意外に多い「交通事故」。

でも、
保険が下りるもう一つの条件を見てください。

『5日以上入院』

駅の階段で転んで5日以上入院って?!

チャリでコケて5日以上入院!?

今どきなんでも日帰りや2泊3日で
退院させられるご時世に、
5日以上入院となると、大惨事ですよね。

しかしそんな大惨事が起きた時に、
支給されるのが、
30,000円。

 

そりゃね、無いよりはあったほうがいいですよね。

でも、交通事故で5日以上入院する事態を
どれくらい想定できるでしょうか。

そう考えると、
補償内容的にはちょっとビミョーです。

 

【落とし穴2】

:↑そんな内容のために、個人情報渡しちゃう?

セキュリティ

すでに入っている保険って、ありますよね。

それこそ、

大惨事になりそうな交通事故なんてのは、
自動車保険に入ったりしていませんか?

医療保険にケガ入院の保障はついていませんか?

 

この無料プラン、
お金は払いませんが「個人情報」はバッチリ渡します。

 

名前・住所・性別・生年月日・勤務先。

個人を相手に商売している人だったら、
喉から手が出るほど欲しい情報かもしれません。

ましてや『保険に興味があります』という人の情報です。

「必要でない、あてにならない」
内容の保険で、
大事な個人情報を出すのはどうだろうか、
と考えてみてくださいね。

 

落とし穴3

:これは撒き餌ではないだろうか

釣り船

無料プランは無料です。

勝手にお金が取られたりすることはありません。

でも、 内容をアップグレード(追加補償プランに)
しようとするとお金がかかります。

交通関連じゃない「不慮の事故」
(家のふろで滑って転んだなど)

でも保険金がもらいたい場合は、
追加でお金を払う必要があるのです。

一番安い追加補償プランは、

日帰り入院からOK
入院一日7500円
死亡したら750万円
手術は最高75000円

などのパックで920円(月)だそうです。

ま、月千円以下だし高くはないよね・・・・、
と思うでしょうけれど、
似たような内容に保険を調べると
(全く同じ条件にはなりませんが)

これより安いのもあります。

無料プランに加入してくれる人って
けっこういると思うんです。

なんたって無料だからね。

で、保険会社的には、
「保険に興味がある人のデータ入手!」
ですよね。

もし私が保険会社だったら、
無料プランに入った人にこういいます。

「興味を持っていただいてありがとうございます。
無料プランですと、
こんな時やあんな時はお支払いできませんが、
こんなことやあんなこと、
起こるかもしれないですよね?

月々たった920円で、
こんな補償も付けられてより安心ですよね?
いかがですか?」

保険料というのは原則、
どんな保険も保険会社が保険金を払っても、
倒産しないように設定されています。
(国が関わっている地震保険は除く)

事故が起こって保険を払う確率
保険会社が会社を運営するお金
そんなものもみんな加味されて、
保険料は決まっています。

※悪いことではないですよ。
倒産されるとみんな困りますから。

 

保険会社が保険を支払う可能性の低いものに、
誰か加入してくれたらラッキー。

無料で集めて、
その中の何パーセントか入ってくれれば、
儲けになるのかもしれません。

・・・・と私は思っています。

※本当のところは保険会社の人じゃないとわかりませんけどね。

 

落とし穴4

:無料で入った保険のこと覚えてられる?

頭に手を当てる

自分が入っている保険全部覚えてます?

証券や内容を記載したモノ、
きちんと保管されてます?

引き落とされた金額見て、
これはどこの何の保険だ、
って即答できますか?

お金払っててでもちょっと怪しいぐらいですから(笑)

お金払ってなくて、
気まぐれで入ったものなんて覚えていられない

というのがフツーではなかろうかと思います。

ましてや、
保険請求するのなんてピンチの時ですからね。

万が一該当する事故が起きても、
ちゃんと請求できなければ、
まったく無駄でしかありません。

 

お家に帰るまでが遠足です、かのごとく、

「請求して保険金が下りるまでが保険の役目です」

なのですね。

証券送られてきても
「アレ?なんだっけな?」

ってなるような保険に、
個人情報を提供して払うのも、
微妙だな、と思います。

落とし穴

 

以上、4つの落とし穴を感じたので、

「私は」加入しません。

必要だ・お得だ、と感じる方は加入して大丈夫です。

良く知られている保険会社のものですので、
決して詐欺ではありませんよ(笑)

 

タダより高い物はない、 と言いますが、

こういうものも、
きちんと特性と自分のニーズに合わせて選択すれば、

必ずしも「悪しき・怪しきもの」ではないということです。

 

クレジットカードを持っていると、
定期的に送られてくるこの案内。

もしご自宅に届いたら、
ぜひ一度読んでみてください^^

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら