iDeCo メディア掲載 資産運用する

【メディア掲載】見覚えのないところからの書類?個人型確定拠出年金を始める場合の関係機関とは

投稿日:

投稿上部にのみ表示

この記事を書いている人

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子
保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP©。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

確定拠出年金イデコ(iDeCo)を申し込んだのは自分だけど、見覚えのないところから書類が届いた!?自分が申し込んだ証券会社と全く違う名前だけど、本当に大丈夫?
確定拠出年金の手続きの最中にはそんな風に不安になってしまうことがしばしばあります。

実は確定拠出年金(iDeCo)は実はいろいろな機関がかかわっているので登場人物が多いのです。

まずは自分が申し込んだ証券会社などの「運営管理機関」
そして商品を買う・売るの指示を出すなどを管理する「記録管理機関」
確定拠出年金制度自体を管轄している「国民年金基金連合会」
さらには、お金を預かっている「信託銀行」

それぞれが違う名前なので、混乱しやすいですよね。
今回は上記のうち上の3つについて解説しています。

暮らしとお金を考える『ファイナンシャルフィールド』に掲載されました。

 

制度自体がまだ初心者にはわかりづらく、せっかく手続きを始めようと思っていても途中で混乱して立ち止まってしまいそうになります。

まずは簡単でいいので全体の像をつかんでみてください。

 

こちらからご覧ください。

 

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

お仕事ママのお金の教養力がアップする無料メールレッスン。
家族みんなが笑顔になる「貯まる仕組み」を創り出す7日間レッスンをお届け。その他ママのお金にまつわる話も配信。人気セミナーの受付開始も優先してお知らせします。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-iDeCo, メディア掲載, 資産運用する

Copyright© ママスマ・マネー , 2018 All Rights Reserved.