゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

【夫のお小遣いは手取りの1割問題】夫が家計に協力的でない場合の作戦

【夫のお小遣いは手取りの1割問題】

お越しいただきありがとうございます。

「貯まる仕組み」を創る
ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子です。

何とか楽して貯められる方法を日々研究しています。
もはや趣味。

ブックオフのお金の本のコーナーで、
はぁはぁしてる人を見つけたら私です(危険)

 

雑誌~本~ネット~口コミ
あらゆる情報をガツガツ集めていると、よく聞く

「お小遣いは手取りの一割」

 

うーん、まあセオリー通りというか
優等生の家計はそうだと思います。

 

でもね、

みんながみんな、
そんなうまくできるとは思えないんです。

 

お小遣いは、家計の中でもデリケート項目。
まさに夫婦のお金の価値観の表れるところです。

◆パパが貯金に協力的じゃない
◆すごく浪費する
◆お小遣い制をかたくなに拒否する
◆家計のやり方にケチだけつける
◆足りなくなるとすぐに追加でお金を要求する
◆自分だけの趣味につぎ込む
◆将来のことを説明してもわかってくれない
◆パパの酒代・たばこ代が家計を圧迫している
◆生活費をくれない(←ちなみにこれは経済的DVといいます)

こういうパパがらみは個別相談でも1・2を争う相談点だったりします。
家計の問題掘り下げたら、全部パパがらみだったなんて良くある話。

表面上の一般的アドバイスをするとしたら、
確かに目安の金額は、収入の一割というのは悪くない。

 

でも、実際、
自分ちでできなきゃ何の意味もないじゃない?

 

我が家の夫も、
就職から結婚までの20年近く、
ほぼ全部の給料を使い果たしてきた、
という男でした。

結婚するにあたって、あけてびっくり!

あ、あの・・・・、貯金ってどこにあるの?
ほかに、通帳とかなんか、ないの・・・?

みたいな(笑)

そんな私もそれを乗り越え(大げさ)
いや、実はそんなに大変なことじゃなかった。
よく考えれば。

 

そこに躍起になって手を付けようとしたり、

もう無理だわ、とあきらめちゃったり

ああもったいないなぁって思うの。

 

よそ様の家がキラキラうらやましく見えてきたらもう、
限りなく赤に近い黄色信号。
はい、止まれー!

赤信号

 

パパのお小遣い、
パパのタバコ代、

そんなところにしがみつかなくても、

貯めるためにできることは、まだまだあるわけです。

そりゃね、夫婦二人でやったほうが効率的。
そりゃ間違いない。

でも、かたや興味ないわけですよ。貯金に。

たぶん危機感も感じてないわけですよ。

それを動かそうとなったら、そりゃもう大変。
エネルギー根こそぎ持ってかれます。

 

ってことで、そこから手を付けないに一票。
こういう案件は、別作戦を展開します。

あなたの参謀になりますわよ。
※戦いではありません。くれぐれも。

 

ママスママネープログラムは、
家計に何かしら問題があるから、
相談いただくところです。

ちゃんとできてないから怒られそうなんて、
そんな心配はごみ箱にでも捨ててきてください。
クシャクシャッ、ポイ!で。

 

こういうの相談していいの?って悩んでるコトがあったら、
気軽に「お問い合わせ」でも「Facebookメッセージ」でも
送ってきてくださいね。

怖い人じゃないので、ご安心くださいね。
噛みついたり、食べたりしませんのでね(笑

 

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら