プレジデント表紙

働くママの家計 支出の考え方 出ていくお金

【いくら貯金が必要?】月の貯金が3万円未満は低貯蓄家庭

投稿日:2017年2月28日 更新日:

投稿上部にのみ表示

この記事を書いている人

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子
保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP©。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

ひと月にいくら貯金できればいいのか?

というのは、多くの方が気にしていることだと思います。

今回は、
雑誌プレジデント2017年2月13号
「1%の人しか知らない金持ち夫婦の全ウラ技大百科」
より、賢いお金の使い方についてご紹介いたします。

プレジデント表紙

※細かいところを読みたいかたはご購入下さいね。

まずは、
「低年収でもリッチになれる!?」
の特集から・・・・

◆月の貯蓄が「3万円未満」は低貯蓄世帯

しょっぱなからなかなかパンチが効いていますね。

まあ、プレジデントですからね。

サンキュなどのママ向け雑誌や
日経ウーマンなどの働く女性雑誌とは
ちょっと毛色が違う系統の雑誌だよ、
と思ってもらって大丈夫です。

この特集では、
万円未満低貯蓄家庭
そして、
月に10万円以上高貯蓄家庭

と定義しておりました。
みなさまのおうちはいかがですか?

 

◆高貯蓄世帯になる必須条件は「意識の高さ」

高貯蓄世帯は92%お金の出入りを把握しているのに対し、
低貯蓄世帯は78%にとどまっています。

把握の内容の細かさについてはばらつきがありましたが、
やはり総じて言えるのは、

「お金の出入りに対する意識の高さ」

がお金持ちになる秘訣ということですね。

また、低貯蓄家庭は把握していたとしても
「どんぶり勘定」
の割合が高かったです。

なんとなくダラダラと使っている家庭は、
低貯蓄になりかねないということですね。

 

◆住宅と車は「価値観と情報収集能力」がキモ

高貯蓄家庭のほうが、
職場の近くに住み車を持たない。

ということだそうです。

この辺は私は何とも言えません。
だってみんな会社の近くに住める人ばかりじゃないでしょう?

住み家を決めるのには、
いろんな要因がありますものね。

夫婦二人が離れたところに勤めてたら
どっちかは離れるしかないですものね。

専業主婦で子供に高い教育を受けさせて、
かつ月に10万円以上貯蓄できるなら、
やはり会社の近くに住むのがいいのかもしれませんね。

ただ、住宅に関しても車の保有に関しても、
自分がどんな価値観
その「モノ」を購入しようと思ったのか
という意識は必要ですね。

情報を収集する能力が低いと、
得をとれず損することがあるというのは、納得です。

情報社会においては、
学校で学ぶことの無いお金関係の知識は特に、

「知らないと損をする」

場合が多いなというのは私も実感しています。

情報収集するための
「お金の基礎力」
すら学校では提供されていませんものね。

 

ママスマ・マネープログラムでは、
難しいことは教えていません。

まさに、
情報収集するための「基礎力アップ」に力を入れています。

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

このメールではお仕事ママの「お金の教養力」をアップできる無料メールレッスンを受けられます。
家族みんなが笑顔になれる「貯まる仕組み」を創り出すための7日間のレッスンの他に、ママのお金にまつわる話をお届けしています。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-働くママの家計, 支出の考え方, 出ていくお金
-, , , ,

Copyright© ママスマ・マネー , 2018 All Rights Reserved.