゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

【ボーナスはどう使う?】正しいボーナスの使い方

ちょっと早いですが、
夫のボーナスの明細が来ました。

ボーナスがない会社も多くなる中で、
いただけるのはありがたいことです。

また、いつもいつも家族のために
働いてきてくれている夫に感謝です。

 

こんにちは
賢いママのお金の教養教室
ママスマ・マネープログラム
塚越菜々子です。

今日は、

ボーナスの正しい使い方

についてです。

正しい使い方と言っても、
そのおうちによっていろいろあるので、
「これでなければならない!」
というつもりはありません。

『貯まる家計』としてこんな考え方を
持っていてほしいな、
という一例としてお話いたします。

 

◆給与(給料)と賞与(ボーナス)の違い

ボーナスは、給料とは全く性質が違います

「給与(給料)」は、労働者が働いた分は
絶対に払わなければいけません。
法律で決まったルールです。

「賞与(ボーナス)」は、
会社内のルールで「絶対払う」
と決まっている場合以外は、
必ずしも払わなくてもいいものです。

なので、景気が悪くなったり、
会社の業績が悪くなったりしたら、
払われなくなることは当たり前のようにあることです。

正社員だから必ずもらえる、
バイトだからもらえない
というものではないのですね。

 

◆ボーナスで払っていいもの・ダメなもの

〇×
公務員の方はほぼ間違いなく支給されると思いますが、
それでもやはり『ボーナス頼み』の家計は非常に危険です。

なぜなら、公務員と言えど、
定年すれば当然ボーナスはなくなるからです。
「毎月入ってくるもので回せるような家計」
にしておくこと。
これが理想ですね。

それを踏まえて、

【ボーナスで払ってもいいもの】

・旅行のお金
・まだ使える家具・家電の買い替え
・特別なプレゼント
・繰り上げ返済

【ボーナスで払ったらダメなもの】

・壊れた家電などのボーナス払い
・固定資産税・保険などの年払い
・生活費の補てん

このように考えます。

つまり
「ボーナスがないならないで、なしでも平気なもの」
は、ボーナスで払ってもいいですが、

「ボーナスがあろうがなかろうが、
払わなければならいもの」

は、ボーナスで払ってはいけません。
毎月の収支で賄えるような体制をとりましょう。

もし、年間の貯金がボーナスでもらう金額
を下回っているなら、黄色信号。

ボーナスが何に使われているか確認しておきましょう。

 

◆変動する、ママ起業家の収入も同じように考える

パパが会社員、ママが起業家の場合も、
同じように考えましょう。

いわゆる「毎月7ケタ越え!」など、
軌道に乗っていて余裕がある場合は
この限りではありませんが、
自営業はどうしても給料と違い、
入ってくるお金にムラがあるもの。

折れ線グラフ
無いと困ってしまうものに、
ムラがある収入を当てにするのは管理が大変です。

全く収入に換算しないのはさすがに無理があるので、
「一年で絶対死守できる収入÷12か月」の金額だけ、
家計の予算に計上しましょう。

『身の丈』『生活レベル』って、
一度上がると戻すのはとても苦痛を伴うもの。

頑張って働いたご褒美は、
なんとなく生活費の底上げに使うのではなく
「あなたが幸せになる」
ところにしぼって使いましょう。

 

番外:塚越家のボーナスの行き先

夫のボーナスも私のボーナスも(もうないけど)家計のものです。
入ってきた金額の「1割」を「二人で分ける」方式です。

2人でいくらずつ分けるのかは、本気の交渉です(笑
我が家は大人も子供も「相手を説得できなければ負け」

ボーナスの分配金(笑)は個人の資産なので、
お互い口出しはナシ。
夫はプラモデルとか・靴とか買って楽しんでいます。

家計としての旅行代やご褒美は、
毎月の家計に組み込まれているので
ボーナスは「分配金」と「貯金」オンリーです♡

ボーナスがもう入った方、どんな使い道ですか?
良かったら教えてください★

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら