゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

スマホ代、通信費に入れていませんか?

総務省 平成27年の情報通信白書
インターネットの普及情報

によると、
携帯電話・PHSの普及状況は、なんと

94.6%!!!

衝撃的ですね。

こんにちは。
ママスママネーコーチ
塚越菜々子です。

みなさんは初めて持った携帯電話のことを
覚えていますか?

私はまだ画面がカラーじゃなくて、
全角25文字しか送れない 端末でした。
それでもポケベルや自動車電話(?)の
時代は知らないので、
最近の部類に入るのかしら・・・。

近年はもういわゆる昔ながらの携帯は、ガラケー
なんて言われて過去の遺物にされそうです。

もう今はケイタイと言えばスマホ。

スマートフォンを持つ手

 

同じ調査によると、
平成22年では9.7%
だったスマートフォン保有率が
平成26年には64.2%
と急激な成長を遂げています。
さて、
そこで問題視したい、
このスマホの代金。

家計簿をつけている方も、そうでない方も

スマホの費用を「通信費」だと考えていませんか?

そのスマホで、
主にやっていることって何ですか?

必要な情報を伝達したり、
出先で連絡を取り合ったり、
スマホ登場前みたいにメールで要件を伝えたり。

じゃないですよね?

ライン?フェイスブック?ネットサーフィン?

それって、絶対必要な費用ですか?

楽しむために、楽するために、
利便性を高めるために使っているなら

それは、娯楽費です。

 

じゃあ携帯電話は全部娯楽費だ!
というわけではありません。

必要経費といった面もあるでしょう。
上記の保有割合からしても、持たない
という選択肢はさすがに厳しすぎるでしょう。

ただ、収入が少なくて、お金がたまってなくて、
見通しも立ててない人 に限って、
携帯電話がスマホなんですよね。

何も考えずに、
みんなスマホだからスマホ買ってるんです。

ママ友とラインできないからという単純な理由で
スマホに変えちゃうんです。

その出費に無頓着なんです。
(ラインできなきゃ仲間外れにされるような人は、
そもそも友達なのかしら。)

あなたが会社の社長だとして、
社員が電車で十分に帰れるところを
「楽したくてタクシーで帰ってきました」
と言ったら、それ、経費で落ちますか?

 

通信費は固定費です。

一度設定したら毎月毎月
必ず出ていきます。

安易に増やしてはなりません。

いくらまでが通信費で、
いくらから娯楽費なのかという話ではありません。

家族のお出かけ費をケチる前に、

スマホ代金は娯楽費だという観点で

家計を見直してみてください。

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら