゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

教育費を貯めなければいけないことはわかっている。
でも具体的な教育費のため方が知りたい、
というママは多いのではないでしょうか。

こんにちは。
ママスママネーコーチ
塚越菜々子です。

ここまで、

◆教育費の内容、
◆どんな価値にお金をかけるのか
◆奨学金への考え方

と進めてきました。

最終回の今日は、

どうやって教育費を貯めるのかということです。

空に人生グラフ

教育費の貯め方と言えば、

真っ先に思い浮かぶのは
「学資保険」
でしょうか。

保証がついていないタイプだったらいいと思います。
保険のいいところは、先取りに近いというか
「強制感」があるところです。
その代わり、
払えなくなったらダメージは大きいです。

なので、お金に余裕がある人以外は、
学費全部を 学資保険で用意しようとするのは
あまりお勧めしていません。

親に何かあったら掛け金払わず、
お金がもらえるという特徴も ありますが、

子供が生まれて、
パパの死亡保障を見直したにもかかわらず、
さらに払込免除を目的に学資保険にしている
のだったら、
  もったいない話です。
二重に保証が付いたことになってしまいます。

また、学資保険の相談に行くと高確率で出てくる

「低解約返戻金型終身保険」

 

これは基本は死亡保障ですが、
お金が積み立てられていくので、
必要な時に 解約することができる
という趣旨で勧められます。

これのいいところは、

学資と違って
18歳満期などと決まっていないところ

学費に使わなければそのまま置いておくことも
できるし、例えば結婚費用などで必要な時に
一部解約して現金に換えることができるということです。

デメリットは、最低でも払い込みが終了するまで
の間に解約すると 払込金額を割り込む(損する)
ということです。

学資保険と同じく、決まった時まで確実に払えないとダメージが大きいです。

汎用性が高いのは
普通の積立
です。

ただ貯めているだけでは基本的に増えませんが、
用途が限定されていないので、
何か困ったときには積み立てを一度 やめたり、
別のことに使えるというメリットがあります。

月に1万円普通の貯められると年間12万円。
17年で204万円

児童手当を積み立てておけば、
16歳までで210万円

それだけで414万円。
さらに学資保険が200万満期であれば、
合計614万円。

大学の学費だって、
初年度は確かにまとまりますが、
全部が全部一度に出ていくわけではありません。

夫婦で働いてさえすれば、
あとは払いながらでも十分対応できます。

早いうちに仕組みを創ってしまえば、
そんなに難しいことではないですよ。

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら