誰の年末調整画像

家計を管理する 年末調整 給与・税金

扶養内でも年末調整はいる?扶養内の妻の税金はどうやって処理するの?

投稿日:2016年11月29日 更新日:

この記事を書いた人

ママスママネー 塚越菜々子

塚越 菜々子
ママスマ・マネー

保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP®。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

扶養内なんですけど年末調整するんですか?という質問はよく聞かれました。

奥さんの場合もそうですし、学生バイトさんなどもそうですね。
夫婦であっても親子であっても税金の計算は「一人ずつ」なのですが、混乱してしまうことが多いようです。

誰の税金の年末調整しようとしていますか?

特に扶養関係のある夫婦の場合、その「誰の」を間違えると大混乱です。
間違えやすい扶養内の妻の税金と、夫の年末調整についてお話しします。

年末調整は一人ずつ、自分が働いている会社で行う

特に「妻は働いているけど、夫の扶養に入っている」場合や、夫の年末調整の用紙を妻が記入してあげてる場合、特に混乱と間違いが生じやすくなっています。

年末調整は、会社が自社で働く従業員の所得税を精算する手続きです。よって「従業員」の税金しか対象にしません。「従業員の妻」の税金の税金は夫の会社ではどうにもすることができません。

妻の税金は、妻が働く会社で計算。
夫の税金は、夫が働く会社で計算。

夫の税金を計算するときに「妻を扶養しています」というけれど、妻の税金の計算はあくまで妻自身の会社で行うことになっています。年末調整の用紙における「あなた」というのは、その紙をもらってきて年末調整を行う人ですので、代理で書く場合は特に注意しましょう。

 
そのほか年末調整に関する記事はこちら:
【年末調整まとめ】令和元年:ママのための年末調整の手順と書き方

扶養に入るってどういうことか

そもそも「扶養に入る」って何でしょう。

「扶養している」とはザックリ言えば、養っているということです。
年末調整してもらう夫が「私は妻を養っています」と年末調整の用紙を通じて申告することで、国が、「そうですか、養ってるのでは大変ですね。税金少し安くできるようにしましょうというのが、『税金上の扶養』です。

この「養ってます」と言える条件が、妻の収入が(給与だけなら)150万円以下ということですね。
(平成29年までは150万円ではなく103万円でした)

それ以上妻が稼いでいる場合は、税金の計算上は「養ってます」とは言えないということです。

ただし、それ以上稼いでいた場合も、『配偶者特別控除』という一部扶養の制度があります。

 

扶養内のはずなのに税金を引かれた月がある

妻は今年パートで働いていました。
たまたま、月に8.8万円を超える月があって、よくよく見たら給料明細で「源泉所得税」が引かれていました。
でも、一年で見ると103万円以下。

さあ、この場合妻の税金はどうなるのでしょうか!?

答えは簡単です。

妻の税金は妻の会社で年末調整。

 

そのうえで、年間103万円以下で、夫に(税金上は)「養ってもらってる」場合は、夫の年末調整の「A控除対象配偶者」のところに妻の名前を書きましょう。

 

夫の会社に、いくら「妻は103万円以下でしたから妻の払った税金返してください」と言っても、そりゃ無理です。
「給料もらったところに言ってくださいよ」ということになります。

なお、妻の会社の年末調整が終わるほうが遅くても103万円に収まることが確実なら、夫のほうの「控除対象配偶者」に名前を書いて(税金上の)扶養に入る手続きをしてもらってOKです。
(会社によっては、収入の見込みなど証明しろというかも)

 

ここで注意してほしいのは、『妻が扶養内=妻は税金を払わない』とは限らないということです。
扶養に入れる基準と税金がかかる基準は違いますからね。

完全扶養→年間給料150万円まで
税金がかかりだす→何も引けるもの(保険など)がなければ103万円~

 

ギリギリの場合の選択肢は3つ

問題は、妻が扶養に入れるかどうかギリギリで確定しない場合です。夫の方が年末調整の書類の締め切りが早く、締め切りの時点では妻の年収がはっきりしていないことなどもあります。

そんな場合は、3パターンのどれかで対応します。

1、扶養として「控除対象配偶者」に名前を書く。

→もし結果として103万を超えていたら、速やかに夫の会社に申告して年末調整をやり直してもらう。(150万円までは税金は変わりません)
※超えていて訂正の場合、たいてい(夫の)会社に嫌な顔される。(実は結構面倒だから)
→妻が103万(150万円)ギリギリの場合、会社によっては証明を出さないと扶養に入れてもらえない。

扶養に入れてしまったのに結果的に超えてしまっていた場合は、ちゃんと訂正しないと 後々税務署から夫の会社に

「おたくの従業員、妻を養ってるって言ってるみたいですけど、違いますよね」

って『是正(ぜせい)』という指摘が来ます。

そして夫の会社が夫に「本当のところはどうなんですか」と聞いて処理します。
(追加で税金を納めることになります)

※別にドラマのように税務署員が突撃してきたりはしません。そういうお手紙が来るだけです。

 

2、初めから「控除対象配偶者」には書かない(=扶養に入らない)でおく

→もし103万に収まっていたら、夫の会社に申告して年末調整をやり直してもらう。
※こちらもやはりやり直しは嫌な顔される可能性が大。

扶養に入らないでおいて結果的に扶養内でも、税務署は何も言ってくれません。
=こっちが損します。(言わなかったアナタが悪いでしょ、スタンスです)

 

3、上の二つのどちらかを選択しておいて、もし違ってたら確定申告する。

(↑にも書いた通り、ギリギリで証明できないと扶養に入れてもらえない場合もあります)

確定申告で年末調整の上書きができます。

夫の扶養に入っていたけど→結果入れなかった
夫の扶養に入れなかったけど→結果扶養内でいられた

こういう場合は、1か月以内なら夫の会社にやり直しをお願いすることができますが、正直億劫だと思います(自分も会社も)
その場合は、正しい扶養の状況を「夫の確定申告」で訂正して申告しましょう。

今は確定申告も国税庁のHPで簡単に作って、郵送で出すこともできますからご安心ください。

自分一人のことじゃないから、扶養ならしっかり自己管理

年末調整を再度やり直してもらう、『再年調』(年末調整やり直し)はいつまででもできるわけではありません。
用紙を回収されてから、源泉徴収票が発行されるまでの間程度です。

それでも、実はとっても面倒な手続きなのです。

1人変わると、あっちもこっちも変えて処理しなおさないといけないのです。
やってやらん!ということはないと思いますが、嫌な顔されるのも嫌ですしね。

扶養に入るって、相手ありきのことです。
扶養内に入るつもりでいるのなら、
ちゃんと自分で管理しましょう

 

まとめ。

扶養関係がどうであれ、自分の税金は自分の会社で清算。

扶養内にギリギリで調整する人は、いつ今年の給料が確定するかはちゃんと知っておいてね。

▼他にも年末調整でトクする知識はこちらです▼

レスキュー年末調整プロジェクト
【年末調整まとめ】令和元年:ママのための年末調整の手順と書き方

年末調整で困っていることはないですか?会社から渡されたけど訳も分からず毎年出している方。もしかしたら税金損しているかもしれません。基本的な情報お伝えしています。一生使う大事な仕組みです。今まで考えたことがなかったなら今年こそ!家族と自分の税金を守ろう!

続きを見る

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

お仕事ママのお金の教養力がアップする無料メールレッスン。
家族みんなが笑顔になる「貯まる仕組み」を創り出す7日間レッスンをお届け。その他ママのお金にまつわる話も配信。人気セミナーの受付開始も優先してお知らせします。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-家計を管理する, 年末調整, 給与・税金
-

Copyright© ママスマ・マネー , 2019 All Rights Reserved.