誰が払ったかが重要

給与・税金 働くママの家計 年末調整

年末調整22:妻の保険料を夫の年末調整に入れられるか

投稿日:2016年12月22日 更新日:

投稿上部にのみ表示

この記事を書いている人

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子
保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP©。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

年末調整に、名義が違う保険を入れることができるか

 

【レスキュー★年末調整◆プロジェクト】開催中。
目次はこちら。
今年に限り、質問受け付けています。目次ページを読んでくださいね。

 

こんにちは
賢いママのお金の教養教室
ママスマ・マネープログラム
塚越菜々子です。

 

名義人と保険料を払った人間が違うのはとてもよくある話です。
結論から言うと、名義が違っても年末調整に入れることはできます。
名義より「支払った人」が重要ということです。

 

保険に出てくる多数の登場人物

保険の契約の中にはたくさんの名前が出てきます。

専門用語でいうと、
保険者=保険会社などの契約を引き受ける人
被保険者=保険を「掛けられる対象」の人
契約者=保険会社と契約した人
保険料支払者=保険のお金を払う人
受取人=保険が下りることになったとき、お金を受け取る人

などなど。

パパの死亡保険などは、
パパが自分で自分にかけて自分で支払って、保険金はママが受け取る
こんな感じですかね。
⇒これだと、契約者保険料支払者被保険者はパパ受取人がママ

パパママにかけてパパがお金を払いママになんかあったらパパが受け取る
⇒これだと、契約者保険料支払者受取人がパパ被保険者はママ

 

年末調整では、保険料を払った人が重要

名義人やら受取人やら、いろんなパターンがありますが、

年末調整で重要視されるのは、

「・・・で、いったい誰がそのお金払ったの?」
です。

年末調整で税金を安くして貰うためには、
「かくかくしかじか、こんなにお金がかかるので、税金安くしてくださいよ~」って
税務署に(会社を通して)申告するんでしたよね。

なので、
『保険のお金払ってない人が税金安くしてって言ってもダメですよ。
お金払った人の税金やすくしますからね~。』
ってコトなのです。
(※もちろん赤の他人の保険を払ってもダメです。親族オンリーね。)

契約者の名義がどうであれ、
「払った人」が年末調整に使えるコトになっています。

 

実際の事例はどうなる?

 

さあ、ここでは
「契約者がママの保険。パパで年末調整することできる?」
問題に突入します。

いくつかのパターンで考えてみます。

◆パパの口座から保険料が落ちている
⇒この場合は、パパが支払ったとしていいでしょう。

◆ママの口座から落ちるけど、ママは専業主婦(収入無し)
⇒この場合も、お金はパパから出てきていると考えて、パパで控除できる可能性大。

◆パパが現金で支払った(あんまり現金払いは聞きませんが)
この場合も、証明のしようがないのでパパが支払ったと言えるでしょうね。
 (現金に誰のものか名前が書いてあるわけではないので)

問題はここから。

◆ママの口座から落ちる。そしてママはパートタイム(扶養内)
かなり微妙ですね。収入があるからママが自分で支払ったと思われそうです。
収入次第かもしれません。

◆ママの口座から落ちる。そしてママはフルタイム(扶養外)
こうなると、ママが自分で支払ったというしかなさそうです。

非常にあいまいな回答でごめんなさい。
なぜこうなるって、
税務署(国)もハッキリ線引きしてないからなんです!

 

とかく税金で「これはどうなの?」と思うようなグレーなところは、

「社会通念上、妥当かどうか」

という、ズッルーイ文言で逃げられます。

社会通念上、妥当って。
つまり、
「一般的によさそうなら」
ってこと。

 

THEあいまい
THEボカシ
THEモザイク(違う)

一般的ってなんじゃぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁあぁ!
と叫びたくなること間違いない。

が、これが真実でござる、でござる・・・・・。

 

結局判断は主に会社で。最終的には税務署

判断基準があいまいなので、結局のところ
それを処理する会社の年末調整担当者がどう判断するか

そして最終的には、国税庁がどういう風に判断するかによるのです。
(※いちいち全部国がチェックしているわけではないので、
  だいたい判断するのは会社の人です)

 

なんだか後味の悪い説明しかできないのですが、

重要なのは、
名義人ではなく支払った人
ということです。

 

まとめ

年末調整では、
名義に関わらず保険料を払った人が使える。

ただし専業主婦等の場合、
「一般的に見てどっちが負担したといえるか」
で会社が判断することがほとんど。

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

このメールではお仕事ママの「お金の教養力」をアップできる無料メールレッスンを受けられます。
家族みんなが笑顔になれる「貯まる仕組み」を創り出すための7日間のレッスンの他に、ママのお金にまつわる話をお届けしています。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-給与・税金, 働くママの家計, 年末調整
-, , , ,

Copyright© ママスマ・マネー , 2018 All Rights Reserved.