゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

年末調整8:「続柄」読めますか?書き方も間違えるとちょっと恥ずかしい。

続柄の記入欄

続柄の記入欄

今日は簡単そうで間違えるとちょっと恥ずかしい「続柄」の書き方ついてお話します。

【レスキュー★年末調整◆プロジェクト】開催中。
目次はこちら。
今年に限り、質問受け付けています。目次ページを読んでくださいね。

 

◆勘違いして覚えてる人がいる続柄

今日は短めにサラリです。
わかっていればなんてことない「続柄」

意外に間違えて書いてくる人が多いので、
ちょっとだけ取り上げてみます。

間違えても大した問題にはならない
(関係性だけでは税金は決まらないので)
ですが、
間違えるとチョッピリ恥ずかしいので、
気楽にお読みくださいませ。

家系図

家系図

◆続柄のよみかた

「続柄」

「つづきがら」
と読みます。
「ぞくがら」ではありません。
(とかいって私もぞくがらって入力して変換しますが・・・)

深ーいことを知りたい方は、ウィキペディアへどうぞ。
「四従高祖伯叔父母」とかすごい続柄が書いてありますね!
いったい誰だ!?

 

◆中心人物をはっきりさせよう

続柄を書く場合には「どの人から見た」というのをはっきりしておきましょう。
そうすれば間違いません。

年末調整では、「年末調整を受ける人」が中心人物です。
この用紙をもらってきた人です。
パパの年末調整の用紙なら、「その人はパパにとって誰?」が続柄になります。

続柄を書く場所は主に2か所です。
世帯主の「続柄」
扶養親族の「続柄」
控除対象配偶者は記入しないように×がついていますね。
本人が男なら配偶者は妻に決まっている
本人が女なら配偶者は夫に決まっている
ってことなんでしょう。
結婚が男女に限らなくなる時代が来たら、もしかしたら変わるのかもしれませんね。

 

続柄を書くのは基本的に親族でしょうから、
「父」「母」「義母」「義父」などです。姉・弟もまれにあるかも。

子供が一人の場合は「子」でOKです。

 

◆子供が複数いる場合の書き方

複数の場合は、男女別に長男、次男、長女、二女など書きましょう。
何番目の子ではなく、何番目の男何番目の女という書き方です。
子供が(男・女・女)の順なら「長男・長女・二女」です。
子供が(女・男・女)の順なら「長女・長男・二女」です。
次男・二男/次女・二女の違いはどちらでもいいです
(厳密に民法などをいえば色々あるんでしょうけれど)

赤の他人は扶養親族に該当しないので、それほど難しい関係はないと思います。
複雑な関係の場合はそもそも扶養に入れることができるのか要確認。
(里子などは入れられることもあります)

 

まとめ

続柄は「つづきがら」と読む。
中心人物から見て「その人は誰?」の書き方をする。

 

間違えても、くすっと笑われるだけですが、賢いママなら間違えたくないトコロ。
中心人物は誰か、だけ間違えないように記入をお願いします。

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら