゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

私が安定した給料を捨て、FPとして仕事をする理由とは

私はファイナンシャルプランナーとして働く前は、
ずっと税理士事務所で働いていました。

そんな私が、

安定した給料を捨ててFPとして独立した理由

を書いてみます。

こんにちは
ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子です。

いつもメルマガ読者様が、
メルマガを読んで感想を送ってくださったり、

個別相談にお越しいただいたお客様が、
丁寧にご感想を下さいます。

 

【ご感想はいつだって原動力】

手紙を持った女性

『面白かった』
『聞いてよかった』
『安心した』

そうやって言って下さるときって、

ああ、この仕事やっててよかったなぁ。

と心底思います。

 

私が自分の家計管理がうまくいかず、
苦しんだり、
悩んだり、
当たり散らしたり、
本を読みまくって混乱したり、
ダメな母親じゃないかと悩んだり、

そんなアレコレも、無駄じゃなかった・・・

と思わずわいてくる涙をぐっとこらえるという瞬間です。
(本気です)

何度いただいても慣れずに喜びに浸る瞬間です。

 

【私が助けたい、助けられる人はどこにいる?】

お金を渡す

私はファイナンシャルプランナーとして、
自分の知識を「売っています」

そう、商売ですよね。

 

でも正直ね、

雇われて働いている方がずっと楽です。

 

雇われて10年やってきて、
知識と経験を積んだら待遇もよく、
一緒に働く仲間もよく、
職種だって嫌いじゃない。

自分に向いてると思う仕事で、
喜んでくださるお客様も、
私がいいと言って下さるお客様もいた。

 

給料だから、
そりゃ上限は知れているけど、
私には必要十分でした。

 

お金のことだけ考えるなら、
自分で商売しようと思いません。

でも、

でも、

 

その仕事のままだと、
手を差し伸べてあげられない人が
たくさんいるのもずっと感じてました。

 

私は、

『共働きなのに、なんでこんなにお金がない感じがするの?』

『子供預けてまで働いているのに、なんで安心できないの?』

『節約節約って・・・むなしい』

『でも家計を見て見ぬ振りすると、不安でモヤモヤする』

を体験してしまったんですね。

 

 

そして、
同じように感じている人をたくさん目撃してしまったのです。

 

【『目撃者には責任がある』という言葉】

戦場カメラマン

ずーっとずーっと昔、
テレビで誰かが言っていた言葉。

私の中に強く根付いている言葉。

『目撃者には責任がある』

自分の体験と手にした知識、
困っている人を目の当たりにしてきた、目撃者の責任。

 

これだけで、
安定した給料を手放しました。

 

誰もがこの世に、
役割を与えられて生まれてきた。

そして、
その役割を全うしようと動いているとき、
人は生きている意味を感じられるのではないかな、
と思うのです。

※無宗教者ですので、神様とか仏様とかはあまり考えません。

 

【キレイゴトと言われるかもしれないけど】

手からハート

個別相談のご感想も、
メルマガのご感想も、
Facebookのコメントも、

本当にうれしいです

いつもありがとうございます。

 

「売上より喜びの声だ」なんて言ったら、

キレイゴトか!

って言われそうですが、

私が安定した給料を捨てて、
このお仕事を続けていくのに、

『お役に立ちたいという気持ち』

は絶対に欠かせない原動力です。
まだそれほど長い人生を生きたわけではないですが、

私がこの世に生まれた役割の一つが、
『お金の不安を取り除く一助になること』
名のではないかと思っています。

 

いつも読んでくださってありがとうございます。

これからも、
ほんの少しでもこのページを読んでくださった方の、
お役に立てる情報が届けられればいいなと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら