゛家計簿にサヨナラしよう!”『貯まる仕組み』を創る、賢いママのお金の教養教室

menu

【ママスマ・マネーブログ】賢いママのお金の教養教室

習い事にいくらお金をかけていいか

子供を産むと絶対にかかるお金と、

子供とあれもしたい、これもしたい、
こんなことができるようになってほしい
と、夢の膨らむお金がありますよね。

その違いを意識していますか?

こんにちは。
ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子です。

4回にわたって子供の教育費問題について
考えています。

昨日は、
子供一人にかかる教育費が1000万円というのは
あながち間違いではないけど、
それはどうしても必要でかかるお金ではなく、
あえて「かけている」お金、ということでした。

2回目の今日は、

子供にどんなお金をかけるのか

がテーマです。

「第15回出生動向基本調査
(結婚と出産に関する全国調査)」
国立社会保障・人口問題研究所 2015年
によると

30代前半の女性が
「子供を持たない理由の」 81.2%
 子育てや教育にお金がかかりすぎるから

だそうです。

な、なんて悲しい結果・・・・・・。
ショックを受ける女性

子供を持つって、
「お金がかかるからやめとこう」
って言われるようなことなんでしょうか。

「子供にお金がかかるのはもったいない」
って思われることなんでしょうか。

自分や家族の将来に不安を抱いて、
ここにたどり着いてくださった皆さんは、

子供がどれだけプライスレスなのかは
きっと語るまでもないですね。

前回、「かかるお金」と「かけるお金」は違う
ということをデータで確認しました。

あなたは、
お子さんが、“どう”なって欲しいですか?

今かけている、かけようと思っているお金は、
お子さんが「“そう”なるために」
どんな効果がありますか?

どうなって欲しくて、そのお金をかけていますか?

自分の心に聞き、家族で話し合ってください。

◆いつか役に立つ
◆きっと使う技能
◆できないと困る

そんな、
「風が吹けば桶屋が儲かる」レベルではいけません。

もちろん、人生に無駄な経験なんて
何一つありません。
なにをしても、子供の礎になります。

ですが、何度も言うように、
お金には限りがあります。

大学には行かせたいと思っているけど
教育費の不安がある。

それなのになんとなく習い事をしている。
楽しんでいるだけで、月に1万円。

その支出のために、
大学に
いけなくなってもいいでしょうか。

習い事で身につくと考えている能力は、

お母さん、あなたが代わりに子供に備えてあげることができないものですか?
家庭生活の中では決して見つけることができないものですか?
習い事というお金に、子守させていませんか?

楽しんでいるだけだったら、
その習い事は教育費ではありません。
娯楽費なのです。

 

楽しむためだったら、
「貯まる仕組み」を創ってからでも、
遅くはありませんよ。

関連記事

コメントは利用できません。

塚越菜々子プロフィール

塚越菜々子写真

家計簿にサヨナラしよう!
ママスマ・マネープログラム主宰

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子(つかごしななこ)

プロフィール詳細はこちらから

家計診断・お悩み相談

個別相談案内(縦)
詳しくはこちら
【働くママの家計お悩み個別相談会】
「貯まる仕組みシート」つき!

”家計簿にサヨナラしよう!”
家族みんなの夢を叶える家計を創るためのファーストセッション

*丁寧なカウンセリング
*マネーチェックリスト
*貯まる仕組みシートから

貯まらない原因を探し出し
どうしたら貯められるようになるのかが分かる!

『貯まる仕組み』を創り出す
<働くママの家計お悩み個別相談会>
詳しくはこちら