扶養の書き方

給与・税金 働くママの家計 年末調整

年末調整11:扶養家族がいる人はこちらに記入。生年月日をよく見てね。

投稿日:2016年12月5日 更新日:

投稿上部にのみ表示

この記事を書いている人

ママスマ・マネーコーチ
塚越菜々子
保険や金融商品を売らないファイナンシャルプランナー。日本FP協会認定CFP©。「ママのお金の不安を解消したい」思いで、働くママや起業ママに税務や家計などお金の事を教えています。

今日は扶養家族がいる場合の記入を見ていきます。

【レスキュー★年末調整◆プロジェクト】開催中。
目次はこちら。
今年に限り、質問受け付けています。目次ページを読んでくださいね。

◆A控除対象配偶者

散歩する老夫婦

 

う~ん漢字だらけ。読みにくい。
控除対象配偶者は「妻とか夫」ということは前回言いました。

ここに書けるのは(給与だけなら)103万円に収まっている配偶者だけです。
専業主婦などで無収入の人もそうですし、パートで103万以下の場合もそうです。
自営業でも入れることもあります(←自営業の人は103万円と違う見方ですのでご注意ください)
※103万円というのは、あくまで給料だけもらっている人の金額です。
103万円に交通費は入りません。

「養ってます」と言えるのは(税金の処理的には)収入が103万円以下の人だけなんですね。
103万で暮らせるか!と思うけれど、103万円以上稼いでる妻は、夫に養われていることにはならないというのが、法律の見解です。

 

◆B控除対象扶養親族

こちらは、妻・夫以外の扶養している人です。
ただし子供は『16歳以上』の子だけです。
小さ~く(平成13.1.1以前生)と書いてあるので、
お子さんの生年月日を確認して、それより前に生まれた子どもを書きましょう。
(要は、児童(子供)手当もらえなくなった年齢の子ね)

さらに、(平成6.1.2生まれ~平成10.1.1生まれ)の子は『特定扶養親族』のところに〇を書いてください。
(こちらは、一番お金がかかる大学生に相当する19歳以上23歳未満の子供です)

それより後に生まれている子は、一番下の『〇住民税に関する事項』に書いてください。

ほかに、扶養親族がいる場合もこの欄に書きます。
例えば父・母などです。

いずれも書けるのは、給与収入が103万円に収まっている人だけです。
年金をもらっている人を扶養に入れる場合は、別基準ですのでご注意ください。

記入するのは名前・マイナンバーは会社に聞いてから・続柄・生年月日・同居老親に該当するなら〇を、その人の住所(同居しているなら、『同上』でも構わないです)

◆所得のところに何を書くべきか

ショックを受ける女性

 

その隣の上段『平成28年の所得の見積額』は間違えて書いてくる人が多い項目です。
よーく目を凝らしてみると

所得

って書いてありますよね。
収入と所得は全くの別物なのです。

所得について細かい説明をすると嫌になってしまうと思うので、今日は省略。
知りたかったら調べてください(丸投げー!)

とにかく、年末調整で担当者が知りたいのは
「ここに書いてある人が、本当に扶養に入れるのか」です。

よって、自分で頭を抱えて所得計算をしなくても、

『給与収入 90万』とか、

わかりやすく書いてくれればそれでオッケーです。

所得じゃないことを書くのが気になるなら、
ポストイットにでも書いて貼って出してくださいな。

話は戻りまして、
下段。

非居住者である親族
⇒留学して日本にいないけど養ってるとか
(まああんまりいないよね)

生計を一にする事実
(この表現所得税でよく出てくるけど「せいけいをいつにする」って読みます)
⇒要は養ってる事実を書けってことです。
例えば仕送り100万とかですね。
(まああんまりいないよね)

この辺のイレギュラー項目は担当者に指示を仰ぎましょう。

C欄については、また次回。

お仕事ママの不安を解決する
お金の教養メールレッスン

このメールではお仕事ママの「お金の教養力」をアップできる無料メールレッスンを受けられます。
家族みんなが笑顔になれる「貯まる仕組み」を創り出すための7日間のレッスンの他に、ママのお金にまつわる話をお届けしています。

働くママのお金の教養メールレッスン

働くママの笑顔で貯まる15の習慣

ケチらずに100万円貯める!
【働くママの笑顔で貯まる15の習慣】
今なら無料PDFプレゼント中!
貯まる習慣が身につく簡単ワークつきです♪

-給与・税金, 働くママの家計, 年末調整
-,

Copyright© ママスマ・マネー , 2018 All Rights Reserved.